フライパン選びのトリセツ vol.1 〜コンロの熱源を確認!〜

フライパン選びのトリセツ vol.1 〜コンロの熱源を確認!〜

どのフライパンがいいのか、わからな〜い!!

当社では数多くのフライパンを取り扱っています。中でも”内側がコーティングしてあるフライパン”を多く取り扱っています。

よく”テフロン”と呼ばれたりする、こびりつきにくく、洗うときにもするっと汚れが落ちるアレです。

フライパンを洗う

実はフライパンのコーティングの全てがテフロンというわけではなく、他にもたくさんの種類のコーティングフライパンがお店に並んでいます。

フライパンには他にも大きさ、色、厚み、ハンドルの形などなど、たくさんポイントがあります。

フライパン 選び方

ところが、ホームセンター、スーパー、ドラッグストア、デパート、雑貨店…などでずらーっと並んだフライパンをみて、「どのフライパンがいいのかわからな〜い!」と思った方もいるのではないでしょうか?

フライパン お店

高いフライパンと安いフライパンの違い

同じサイズ、同じような見た目のフライパンでも1枚1万円以上するものから、1,000円以下で買えるものまであります。

例えばIHクッキングヒーター対応のフライパンは、IHに反応させるための加工をフライパンに施します。そのため、ガス火専用フライパンよりも価格が高くなりがちです。

また、内面コーティングのグレードが上がるとその分価格も高くなります。
あたりまえですが、高い価格には高いなりの理由があります。

とはいったものの、内面コーティングのフライパンはコーティングが傷ついたり、剥がれてしまうと寿命です。

高い/安いに限らず、使い方にちょっと気をつけるとフライパンのコーティングを長持ちさせることができますよ。

(長持ちのコツは後日アップいたします!)

フライパン選びのトリセツ スタート!

そんな色々とあるフライパンからベストなものを選んでいただきたいので、フライパン選びのトリセツを書いてみることにしました!

読んでみていただいて、それでも分からない点や、素朴な質問などは気軽にご相談くださいね。

和平フレイズ Twitter

まずは熱源から。

ご家庭の熱源はガスコンロですか?それともIHクッキングヒーターですか?
ガス火であればどんなフライパンも使えます。

IHクッキングヒーターは、専用のフライパンが必要です。

コンロの熱源はガス火?IH?
IH対応フライパン

パッケージに「IH対応フライパン」「IHクッキングヒーター対応」といった表記があるものはIHで使えます。

「ガスコンロ専用」と表記されているフライパンは、一般的なIH(鉄・ステンレス対応IH)では加熱されずに使えないので気をつけましょう。

※オールメタル対応IHでは使えます。

IH対応フライパンは、底面にステンレスの板が貼り付けてあったり、鉄の粉が吹き付けてあります。

その金属たちがIHの面と磁性で反応し、加熱ができます。
そのため、底面に磁石がくっつくフライパンは基本的にIHで使えます。

IH対応フライパン

この加工がガス火コンロではあまり意味がないので、ガス火コンロのご家庭なら「ガス火専用フライパン」がおすすめです。IH対応フライパンより少し安かったりします。

底面の大きさに気をつけよう!

IH対応フライパンを選ぶときに気をつけたいこと

当社ではIH対応フライパンは底面の直径が13cm以上を条件としています。IHの中心部が反応するギリギリのサイズです。※このサイズはIHの機種にもよります!

あまり小さいとIHに反応しないので気をつけましょう。

★まとめ

まずはご家庭の熱源を確認しましょう!

IHクッキングヒーターならIH対応フライパンを使いましょう。ガスコンロならガス火専用フライパンがおすすめです。

フライパン選びのトリセツ vol.2では「サイズと深さ」についてご紹介します!

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市