食う寝る遊ぶ!GW2泊3日で行くファミリーキャンプ計画

ファミリーキャンプの画像

こんにちは!企画部のにしもとです。いよいよ4月がスタートしましたね!

上の子は、先日入学式を終え、いよいよ小学校生活がスタートしました。まずは子供達が新しい環境に馴染んでくれるか心配でしたが、いざ一歩踏み出すと思った以上にスムーズ。毎日キラキラしながら子供達が帰ってきます(涙)

新しい環境へも少しずつ踏み出せたところで、次はゴールデンウィークの計画です! 今年のGW、我が家は2泊3日でファミリーキャンプの予定。子連れのテント泊は2回目。まだまだ初心者ではありますが、昨年秋に行ったファミリーキャンプの様子と、GWの計画をチラリとご紹介しますね^^

ファミリーキャンプをしたいと思ったきっかけ

森と湖に囲まれたキャンプ場

独身の頃から、年に1回は友人たちとキャンプ泊をしていた私と夫。仲間たちと、「結婚して子供ができたら、みんなでファミリーキャンプしたいね!」とずーっと言ってました。そして、昨年の秋、その10年越しの夢が叶えられたのでした。

初回ファミリーキャンプは、三重県の尾鷲にて。3家族合同のキャンプ。子供達は一番小さい子で1歳すぎ。ちょっぴりややこしい2歳半が2人。そして強力な助っ人6歳。

初回キャンプは1勝1敗?

キャンプ場のテント内で椅子に座る子供

渋滞や、車に酔って嘔吐した下の娘ちゃん、いろいろトラブルもあり、キャンプ場に全員がそろったのは、すでに14時。

4時間ずっと車に缶詰だった子供達は一気に解放されて、テンション高め。

ひと息つく間もなく、パパ達は3軒分のテント&タープ設営!6歳の息子も、大人の仲間入り。道具の運搬からペグ打ち、時々変顔をしてちびっこ達のご機嫌取りまでこなします。

子供と薪で火おこし準備

今日は、初めての火付け体験。「ちゃんと火がつくかな〜」とドキドキ。普段マッチなんか使わないので、貴重な体験です。

娘をおんぶしながら炊事をするお母さん

下の娘ちゃんは、「おんぶして〜(涙)」とグズグズモード。約10kgをおぶって、本日のメインイベント芋煮の下ごしらえ(地味にキツイ)。おんぶ越しに、今夜のメニューが気になる娘ちゃんでした。

隣では、近くの道の駅で買ってきた新鮮なお肉や魚がジュージュー。

「もう、、、待ちきれない。乾杯しよー!!」
「かんぱーい!!!」

ダッチオーブンで作る芋煮

人数が多ければ多いほど、美味しい芋煮が作れます。重くて取り扱いが難しいダッチオーブンでしたが、子供達はビックリするほどパクパク食べてくれました♪

子供の食事風景

芋煮のシメは、カレーうどんにアレンジ。これがまた、うんまいのです。

夜のキャンプ場。と焚火の明かりが美しい

お腹も一杯になり、あたりはすっかり真っ暗に。ランタンで遊んでいた子供達ですが、大人の都合により、早く寝ていただくことに(笑)

そう、これからがキャンプ本番!お酒に燻製、そして焚き火。大人の時間をたっぷり楽しむのだ。

せっかくの大人時間が・・・

寝かしつけ担当大臣のママたちは、寝落ちしないよう必死にこらえて、なんとか22時には這い上がってまいりました。

やっとこさ焚き火に大人全員集合!(1名抱っこ紐でご就寝)
でも、疲れ果てて、会話なし(笑)
ただただ火を見つめる6人。。。

その時!!!

「ザーーーーーーーーー」

どしゃ降り

あんなに楽しみにしていた大人タイムは、一瞬で雨に流されてしまったのでした。大慌てで外に出ていた道具をタープの中へ入れ、早々と就寝。ああーーくやしい。

「ぜんぜん遊べなかった。」

森の中でしゃぼん玉で遊ぶ息子

突然の雨が思いの外長く続き、テントもタープも水でびしゃびしゃ。早朝から雨水の処理で追われ、午前中もゆっくり遊ぶ暇がありませんでした(涙)

海散策とシャボン玉で少しは遊べたのですが、
上の子「テント張って、ご飯食べて、片付けて、またご飯食べて、テント片付けて・・・ぜんぜん遊べなかった!キャンプって遊びじゃないの?」

だからこそ、今回はリベンジの意味も込めて2泊3日なのです。2日目で思いっきり遊ぶぞ!

さて、GWのファミリーキャンプ計画!

今回は、近場のキャンプ場(車で40分。なんかあったら家に道具を取りに戻れる!)で、2泊3日を計画中。昼間は子供たちをしっかり遊ばせ早めに寝ていただき、夜の大人タイムを確保することが最大の目標!ぜーーーったい、焚き火の前でビールと燻製チーズをまったり楽しむのだ。

キャンプはとにかく計画から楽しい!

図書館でわんさか本を借りてきて、みんなで計画立てます。この時間が何より楽しい。

食う

キャンプの本を開きながら計画中

「燻製はマストだよねー!」

「せっかくだから、名古屋コーチン1匹手配しようか」

「飯盒でご飯炊いてみたい!」

「2日目の朝は、定番の燻製ベーコンエッグだなー」

食べたいもの、作りたいものをどんどん上げていく。いつもの夕食献立もこれくらい楽しいといいのにな(笑)

簡単ですが、以下のようにざっくりメニューが決定。

<メニュー>
1日目夕:当日さばいてもらった名古屋コーチンでBBQ、燻製
2日目朝:ホットサンド、燻製ベーコンエッグ、スープ、ヨーグルト
2日目昼:イベントによりけり(そうめん?ラーメン?焼きそば?)
2日目夕:カレー、飯盒でご飯
3日目朝:残り物(笑)

キャンプに持っていきたい調理器具

マルチポット

To May(トゥーメイ)IH対応 マルチポット

朝食のスープや、カップ麺やコーヒー用の湯沸かし、スクランブルエッグや野菜の炒め物など、7通りに使えるのでとにかく融通が効くマルチポット。

キャンプ当日、あ、これ作りたい!と、行き当たりバッタリでもなんとかなる受け皿の大きい子。取っ手が邪魔にならないので、荷物に積み込む時もコンパクトにまとまり便利なのもポイント!

ディッシュアンドチル

Dishi&Chill(ディッシュ&チル)IH対応オンザテーブルパン

キャンプ2日目朝食の定番メニュー「燻製ベーコンエッグ」は、Dish&Chillのスキレット風フライパンでと決めています!

今は我が家の自宅キッチンのエースとして活躍中のフライパンですが、キャンプデビューをずっと心待ちにしているのです。

Dishi&Chillグリルパンで焼きそば

Dishi&Chill(ディッシュ&チル)IH対応グリルパン

大ぶりのグリルパンは昼食の焼きそばづくりにも良さそう。

疲れてたら、簡単なそうめんもいいな♪6人分の麺類でも軽々作れるビッグサイズなのに、子供でも持てる軽さ。そしてキャンプ上で映えるデザイン。

まさに、キャンプ飯にピッタリではないかっ!

遊ぶ

遊びの計画中

キャンプ飯が決まったら、次は遊びの計画へ。今回は、子供たちが遊べる時間をたっぷり確保したい。

「水遊びしたい!滝があるらしいよー」

「日中は子供たちを安全に解放できる近場の公園に避難してもいいね♪」

「散策して、木の実集めたり、絵の具でお絵かきも楽しそう。」

「あーー釣りしたい〜ハンモックもほしい〜」

思いつくままに殴り書き。自然遊びに慣れていない子供たち。結局近場の遊具のある公園で・・・となりそうですが、せっかくなので日頃できない遊びをしたいなと思っています♪

ファミリーキャンプの良いところ

子供の火おこし

やっとペグが打てるようになった3歳。少し重い荷物が運べるようになった4歳。そして今や大人並みの戦力として、時にはちびっこ達の「おもしろお兄ちゃん」として子守もしてくれる6歳の息子。キャンプやBBQに行くたびに、また成長したなーと感じさせてくれます。

食う、寝る、遊ぶ。とってもシンプルだけど、自宅にいるとなかなかできないシンプルな生活。お外で手作りしたおいしいキャンプ飯を、わーきゃー語りながら出来立てアツアツを食べる。これ以上に幸せなことはありません。

さあ、GWのキャンプは無事成功するのでしょうか。乞うご期待!

関連商品

To May(トゥーメイ) IH対応マルチポット

Dish&Chill IH対応ガラス蓋付オンザテーブルパン26cm

IH対応ガラスDish&Chill 蓋付グリルパン27×27cm

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市