好きな場所×好きなアイテムで、もっと楽しいピクニックのすすめ@山下公園

お外で腰掛ければピクニックの始まり!

アイテムは無くてもピクニックは楽しいですが、あればもっと楽しい!そんなアイテムをご紹介します。

なぜピクニックに惹かれてしまうのか?

なぜか、ふと行きたくなるピクニック。その理由を考えてみました。

  1. 安上がりである。
  2. 食べても寝ても遊んでもいい、自由である。
  3. 外の開放感は最高である。


自分でお弁当を作ってもよし、面倒なら好きな食べ物を買ってきてもよし。

レジャー施設や飲食店で食事をするより安く上がります。(金欠だけど遊びたいというときには最適!)

また、私自身は普段建物の中で仕事をすることが多いせいか、公園などの開放感がたまりません。

大きめで厚手のマットを敷けば、たちまち快適タイム。

ピクニックは魅力的である反面、注意したいこともあります。「冷え」です。
この日は11月で、たまに吹く冷たい風と、地面からじわじわくる冷気で身体が冷えそうでした。

そこで、フィールドマットを敷きました。中にクッション材が入っているため、お尻が冷たくなりにくく・痛くなりにくい優れものです。多少荷物になりますが、大きめの方がゆったりできてオススメです。

クッション入りマット

季節のくだものをむけば、ちょっとリッチなおやつタイム。

友人が旬の柿を持ってきてくれたので、その場で切って食べました。美味でした!

ナイフは折りたたみできます。まな板もミニサイズなのでかさばらず、持ち運びやすいです。

手がべたべたになるのでウェットティッシュは必携ですね。

ミニナイフとミニまな板

お気に入りの場所×お気に入りアイテムで、自分のピクニックstyleを!

今回ピクニックをした山下公園は、横浜高速鉄道みなとみらい線 元町中華街駅より徒歩3分です。

周辺には、食の横浜中華街、雑貨が豊富な赤レンガ倉庫、景観よく散歩が楽しいみなとみらい地区があります。そのほかにも楽しめる場所が盛りだくさん。

私は横浜市出身でこの辺りは何度も遊びに来ていますが、いつ来ても素敵なところだな〜と思います。ピクニックを含め1日遊べるスポットなので、今回ここを選びました。

みなさんも、自分なりのお気に入りスポットにお気に入りアイテムを持って、ピクニックしてみてください。心がちょっと解放されますよ♪

山下公園でピクニック
>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市