プチストレスからの解放!用途やコスパで見る深型フライパンの選び方

深型フライパンでポテトフライ

ほぼ毎日深型フライパンにお世話になっている、販促担当のぜんばです。

仕事でも自宅でもいろんなキッチン道具に触れていますが、フライパンに関しては深型フライパンが手放せません。キッチンのスタメンです。

一人暮らしを始める友人たちにも「深型フライパンが1つあると便利だよ」とおすすめし続けてきました。

それは、いくつかのプチストレスから解放されるからです。

今回は深型フライパンをおすすめする理由と、選ぶときのポイント、さらに当社で取り扱っている深型フライパンをタイプ別にご紹介していきます。

深型フライパンと使うことによる ”プチストレスからの解放” 事例

深型フライパンを使うメリットって、具体的にどんなことがあるのでしょう?

①深型フライパン1台でいろんな調理ができる

炒める、焼く、煮る、蒸す、揚げる、炊く…深型フライパンが1つあれば、とりあえず一通りの調理ができちゃいます。

フライパンとしても、鍋としても役目を果たせる。それが深型フライパンです。収納が限られる狭いキッチンでは、深型フライパンに役目を集約させて収納をスッキリ!

重ねて収納しているフライパンや鍋を都度取り出すプチストレスからの解放です。

②深型フライパンは具材がこぼれにくい

野菜多め、肉多めの炒め物で活躍します。具材がこぼれにくいのです。

深型フライパンで野菜炒め

具材がこぼれにくい=コンロ掃除が楽になる

というわけでプチストレスをためずに料理することができます!

③深型フライパンは油がはねにくい

油少なめで揚げ物をしたいときに深型フライパンを使います。今回はメガフッカIH対応スーパーディープパン20cmを使いました。

コンロ台をピカピカに拭いてからポテトを揚げてみると…

深型フライパンで揚げ物をすると油がはねにくい

おわかりいただけたでしょうか・・・

深型フライパンで揚げ物をすると油がはねにくい

油が全然はねていないのです!

油が鍋の外に細かくはねていく様子を見ながら(あ〜後でギトギトの油を拭き取らなくちゃいけないのね〜…)と考えることもなくなりますよ。

あとで紹介しますが、注ぎ口付きの深型フライパンなら使用済みの揚げ油をオイルポットに移すのも楽です。”揚げ物後のお手入れ” というプチストレスからの解放!

※注意!※

油温が200度以上に上昇すると油が引火する原因になります。とくに少量の油で揚げ物をすると発火する恐れがあります。油量は適量にて使用してください。

深型フライパンをサイズで選ぶなら

さてここからは、深型フライパンを選ぶポイントをご紹介していきます。

我が家では20cm、24cmの2種類の深型フライパンを使っています。用途としては主にこのような感じです。

深型フライパン20cmでは…

  • かぼちゃの煮物、ひじきと人参の煮物を作る
  • とり天やポテトを揚げる

深型フライパン24cmでは…

  • 最大5合のご飯を炊く
  • カレーをたくさん作る
  • ほうれん草を1把茹でる
  • スパゲッティやそばを茹でる
  • 野菜や肉をモリモリに入れた焼きそばを炒める
  • 大サイズのしゅうまいを蒸す
  • ハンバーグを焼く

20cm,22cm深型フライパン:煮物、揚げ物など

20cm,22cmの小さめの深型フライパンでは煮物や揚げ物がおすすめ。

直径20cm,22cmの小さめの深型フライパン

深型フライパンは底面が広く、食材がくっつかずに揚げることができますよ。使った後も内面コーティングで汚れ落ちが良いです。

24cm,26cm,28cm深型フライパン:カレー、葉物茹で、麺料理など

24cm,26cm,28cmの大きめの深型フライパンは4人分以上のカレー作りや、ほうれん草などの葉物を茹でるときにおすすめ。我が家では週1回、24cmの深型フライパンでご飯を5合炊いて小分け冷凍しています。

野菜たっぷりで具材がこぼれがちな焼きそばや、折らずに茹でたいスパゲッティなどの麺料理にもおすすめです。

番外編:深型フライパン28cmでどれくらい作れるの?

深型フライパンと似た「いため鍋28cm」でカレーを作った様子がこちら。

いため鍋28cmでカレー

まるで鍋のように8皿分(カレールウ1箱分)を作ることができました。

ちなみに…深型フライパンの売れ筋サイズは26cm!

当社の深型フライパンで売れ筋のメガフッカシリーズは20cmから28cmまでラインナップしています。

メガフッカ のサイズ

メガフッカシリーズのサイズ別売れ筋ランキングはこちら。※出荷量ベース 2015年5月〜2019年8月まで。

  • 【1位】26cm
  • 【2位】24cm
  • 【3位】22cm
  • 【4位】22cm
  • 【5位】28cm

中型サイズ→小型サイズ→大型サイズというランキングになりました。

深型フライパンの注ぎ口にも注目しよう!

注ぎ口とはここのことです。

深型フライパンの注ぎ口

これがあるとないとでは大違いなのです…。先ほどメガフッカIH対応スーパーディープパン20cmでポテトを揚げたので、使用済み油をオイルポットに移してみます。

深型フライパンの注ぎ口

この注ぎ口が液体が流れるガイドとなり、狙いを定めて注げます。シンクに油をこぼさず、これもプチストレスからの解放。

注ぎ口付きの深型フライパン

当社商品の深型フライパンで注ぎ口がついているものをご紹介します。

メガフッカシリーズ IH対応 深型フライパン
色違いでワインレッドもあります
ハードマイティシリーズ IH対応 深型フライパン
ハンドル表面は木に見えてシリコン。気持ちいい握り心地。

24cm以上の深型フライパンに内容物が入るとそれなりに重くなります。そのため、注ぐということが少ないかもしれません。20〜22cmの深型フライパンを選ぶときには注ぎ口にも注目してみてください。

深型フライパン、フタも準備しよう

あると便利なぴったりサイズのフタ。フタがあれば蒸しもの、炊飯もできます。

もしフタがない商品でも、同じサイズの別売りのフタをご購入いただければOKです!

おすすめ深型フライパン4選!

ここまで深型フライパンの良いところをご紹介してきましたが、結局のところ

  • 価格とスペックのバランス
  • コーティングが長持ちするか?

この2点が決定打になったりしませんか?

そこで!当社で扱っている商品を例に、タイプ別・深型フライパンをご紹介します。

※サイズは全て24cmで統一しています。

①コスパ最強なハードマイティ!

ハードマイティ IH対応 深型フライパン
ハードマイティ IH対応 深型フライパン
  • 熱源:IH対応、ガス火
  • 内面コーティング:ふっ素樹脂加工(ポリゴマキシプラス)
  • 重量:約680g
  • メーカー希望小売価格:5,200円(税抜)

内面は耐久・耐食性に優れた硬質アルマイト皮膜の上に、ポリゴ・マキシプラスという特殊ふっ素樹脂加工を使用した5層スーパーハードコート

価格に対してスペックの高いコーティングを使用しており、コスパ最強といえます。

②シリーズ累計出荷台数 70万台超えのメガフッカ!

メガフッカ IH対応 深型フライパン

メガフッカ IH対応 スーパーディープパン
  • 熱源:IH対応、ガス火
  • 内面コーティング:ふっ素樹脂加工(クイックマーブル)
  • 重量:約690g
  • メーカー希望小売価格:2,800円(税抜)
  • ※ワインレッドは:3,000円(税抜)

金属ヘラの使用もOKなクイックマーブルコートを使用。十分スペックの良いコーティングを使っています。

シリーズ累計出荷台数はなんと70万台超え!価格とスペックのバランスを取るならメガフッカがおすすめです。

③Twitterで話題になったフライパンの元祖、ダブルマーブル!

ダブルマーブル ガス火専用 深型フライパン

ダブルマーブル ガス火専用 ディープパン
  • 熱源:ガス火専用
  • 内面コーティング:ふっ素樹脂加工(ダブルマーブル)
  • 重量:約520g
  • メーカー希望小売価格:3,000円(税抜)

内面コーティングに2種類のマーブルを使用し、強くてなめらか。

本体はアルミダイカスト製。熱伝導がよく、熱ムラが少なく焼けますよ。

フライパンの内側に鋲(びょう)留めが無く、洗いやすさもポイントです。

実はこのダブルマーブルシリーズは、以前Twitterでバズった商品の”元祖”です(ダブルマーブルシリーズを某得意先様向けにマイナーチェンジし限定発売→Twitter上でユーザーさんが投稿してくださり一時話題に)。

ただしこちらはガス火専用となります。そのかわりに超軽量!軽さ重視ならダブルマーブル ガス火専用シリーズがおすすめです。

深型フライパンを使ってプチストレスから解放されよう!

深型フライパンをまだ持っていない方はぜひ使ってみてくださいね。

また、すでに使っているよ〜という方は、もっと相性のいい深型フライパンを探してみるのもいいかもしれません。

よい深型フライパンライフを!

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市