盛り上がるキャンプ飯はコレ!~豚かたまり肉のススメ~

テーブルに並んだキャンプ飯

キャンプを盛り上げる飯=「肉汁たっぷりのデカい肉」

キャンプで盛り上がる”キャンプ飯”

それは「肉汁たっぷりのデカい肉」に違いないと思います。

そして 「前日から仕込んでいた」

これこそがデキる男・女のキーワードです。

キッチン用品のプロフェッショナルである我々が

なぜか自社商品を使わずして作った安くておいしい豚かたまり肉料理を紹介します。

おまけコラムもありますので、最後までお読みいただけると幸いです。

【1】溢れる肉汁!ダッチオーブンローストポーク

ローストポークとカットレモン

材料

  • 豚の肩ロース(ブロック)・・・500g
  • (A) 刻みにんにく・・・2かけ
  • (A) 塩・・・小さじ2
  • (A) こしょう・・・少々
  • (A) ローズマリー・・・1つまみ
  • (A) タイム・・・1つまみ
  • (A) オリーブオイル・・・小さじ2

下ごしらえ

フォークで豚ブロック全体に穴をあける

(A)を全体に擦り込んでジップロックに入れて一晩寝かせる

肉の下ごしらえ

ひとてまポイント

ローズマリーやタイムはお肉料理に使うと臭み消しにもなり、ワンランク上の味をつけることができます。スーパーで案外安く手に入りますよ!

焼き方

BBQコンロの上でダッチオーブンを使って肉を焼く

ダッチオーブンに油を敷き、鍋が温まったら肉の表面を焼く

※肉のかけらを入れてみて、ジュ~っと音がしたら温まりの目安です。

炭火の火力調整は難しいので、火力は鍋の位置で調整します。

表面がこんがり焼けた豚肉

全面にしっかりと焼き色がついたら、蓋をしてコンロから下ろし20分程度放置!じっくりと蒸し焼きします。

フライパンで焼き目をつけアルミホイルでくるむ方法でも作ることができますが、鍋に厚みのあるダッチオーブンがおすすめです!

その魅力は後半のおまけコラムでご紹介します。

お肉は薄くスライスし、 ソースにはハニーマスタードや、すりおろし玉ねぎのソース、ブルーベリーの甘酸っぱいソースをかけるとよりおいしくいただけます。

切り分けたローストポーク
完成:プルプルローストポーク
切り口のジューシー感に注目

理想のローストポークの断面の色はピンク色なんです。

かといって、焼きすぎてパサパサになってしまっては美味しくないです・・・。

でも焼けたかどうか見た目じゃわからないですよね?

生焼けかどうかの見分け方は2つあります。

ローストポークの生焼け判別方法1「竹串で肉汁を確認する」

一番簡単な方法は豚肉の最も厚い部分に竹串を刺すことです。

竹串を引き抜いたときに透明な肉汁が出てくれば火が通っているサインです。

赤っぽい肉汁が出てきたときは、火からいったん下ろし、アルミホイルなどで巻いて予熱でしばらく加熱すると火の通しすぎを避けやすいです。

ローストポークの 生焼け判別方法2「料理用の温度計で肉内部が75℃になってるのを確認」

加熱のしすぎを確実に回避するなら温度計を使って肉内部の温度を測ることをおススメします。

豚についた寄生虫(トキソプラズマ、有鉤条虫など)はいずれも60℃あれば死滅させることができます。サルモネラ菌やカンピロバクターなどの金は75℃の1分間の加熱でほとんど死滅するといわれています。

なので、お肉の色がピンク色でも内部の温度が一定以上であれば食べることができます!

筆者がローストポークを持ってポージング
ローストポークの制作者
このドヤ顔である

【2】塩抜き無し!簡単段ボール燻製ベーコン

燻製が盛り付けられた画像

材料

  • 豚バラブロック・・・500g
  • 塩・・・10g(肉の重量に対し2%の量)
  • 砂糖・・・5g(塩の半分の量)
  • ハーブ・・・お好みで
  • ぴちっとシート(浸透圧脱水シート)

下ごしらえ

豚肉の下ごしらえ

豚バラブロックに塩、砂糖、ハーブ(お好みで)をまんべんなく擦り込みます。

脱水シートにくるまれた豚肉

肉をぴちっとシート(浸透圧脱水シート)でくるんで冷蔵庫で1日脱水させます。

脱水しないと燻製にしたときに、食材中の水分に煙が溶け込んで酸味のある燻製ができてしまいます。

段ボールで燻製器を作っている様子
和平フレイズの燻製職人
真剣なまなざしで串を刺す位置を吟味している。
段ボール燻製器で燻製中

適度な大きさの段ボールを用意し、金串で穴をあけ、金串に肉を刺し並べて吊るしていきます。

段ボールに火が移らないようにアルミホイルなどで皿を作り、

そのうえにスモークウッドを置いて火をつけます。

煙が安定してきたら、数か所に穴をあけたアルミホイルを被せます。

これには2つの役目があります。

  • 肉汁がスモークウッドに垂れないようにする
  • 煙が直接肉に当たらなくなるので、味わいがマイルドになる

燻製時間は3時間程度。

川で程よく冷やしたビールを飲みながらのんびり待ちます。

燻製後の肉

燻しが完了したらこのようなきれいなツヤのある茶色になります。

材料には載せていませんが、鳥のササミでも同様に作ることができます(写真右下)。

おまけ:ダッチオーブンの魅力

ローストポークの作り方でダッチオーブンをおススメしましたがその魅力について語らせていただきます

ダッチオーブンとは

ダッチオーブンとは厚みのある金属製(主に鉄)の鍋で、蓋の部分に炭火を乗せられるようになっています。まさにキャンプ向けのお鍋です。

蓋の上にも炭火を乗せることで、鍋の下からだけでなく上からも中の食材を加熱することができます。まさに”オーブン”ですね。

同じような形状の鍋をフランスでは「ココット」というようです。

魅力1:食材にじっくりと火を通すことができる

蓋の上に燃えた炭を載せたダッチオーブンで調理している様子

ダッチオーブンは基本的に厚みがあり、かつ蓄熱性に優れた鉄でできているので

内部の温度が変化しにくく、中の食材にじっくりと火を通すことができます。

上記でもお伝えしたように、蓋の上に炭を置くことができるので食材を全方向から加熱することが可能です。

魅力2:無水調理ができる

ダッチオーブンに食材が入っている様子

野菜とオイルと鴨さんをいれてじっくり火入れをするだけで・・・

加熱後の鍋の中

食材のエキスが丸ごとスープになっちゃいます!

蓋が重く、水分が外へ逃げないので食材から出た水分だけで調理が可能です。

また、鍋の中が軽く圧力鍋状態になって普通のお鍋よりも食材を柔らかく煮込むことができます!

魅力3:なんといってもカッコいい!

蓋の上に燃えた炭を載せたダッチオーブンで調理している様子
蓋の上に燃えた炭を載せたダッチオーブンで調理している様子の写真にふう痛の鍋の画像を合成している比較画像

上の写真のほうが雰囲気ありますよね。キャンプ!!って感じです。

普通のお鍋も軽いし安いし気軽に使えますので、優劣はつけがたいところではあります。

最後に

キャンプ場の風景

テントを素早く建てる人

火をさっと起こせる人

ごはんづくりが得意な人

自然に詳しい人や写真を撮るのがうまい人

各々の得意分野が存分に光る場がキャンプですよね。

だからキャンプってわくわくするんじゃないかなって私は思います。

キャンプ料理が並んでいる画像

家ではできないようなワイルドな料理や

キャンプだから・・・と奮発した食材で作るサラダなんかもいいですよね。

大昔の人の暮らしのように不便を存分に楽しむというのも一興かもしれませんが

便利な道具をたくさん使って料理を楽しみ、贅沢なアウトドアライフを過ごす、

そんな現代チックな楽しみ方もまた一興だと思います。

私たちは時代に関係なく、その時を楽しめるキッチン道具をこれからも作って参ります。

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市