【比較】鉄素材のフライパンとアルミ素材のフライパンを使ってバタートーストを焼いてみました。

こんにちは、広報のかわむらです。

パンをトーストするときは何を使いますか?我が家ではトースターを使います。パンを入れてハンドルを下げて、焼き上がったらポンッとでてくるタイプです。

あの勢いよく飛び出すタイプを使い続けて10年は経っていますが、未だに慣れず…。苦手です。

トースター

トースターを使ってパンを焼くとおいしいのですが、焼いた後アツアツのパンを一度お皿に移してバターを塗る作業、これが手間なのです。

熱いのでいつも箸を使ってトーストをお皿へ移すのですが、カリッと焼いた後のパンはなぜが滑りやすいのです。

トースターを使わずにトーストを焼く方法

そこで今回は、トースターを使わずフライパンで手軽にバタートーストを焼く方法をご紹介します。

鉄素材のフライパンとアルミ素材のフライパンで比較してみます。食感や見た目はどのように変わるのでしょうか。

左が鉄素材のフライパン、右がアルミ素材のフライパンです。

■材料

  • 食パン…1枚
  • 油…大さじ1
  • バター…1欠片

1.油を引いて中火で加熱する。

それぞれのフライパン本体に油 大さじ1を引き、中火で加熱します。

フライパン
左:鉄素材のフライパン、右:アルミ素材のフライパン

2.バターを入れる

フライパン本体が温まったら、バターを中央に入れます。バターは焦げやすいので、火加減に注意してください。

フライパンにバターをいれた

バターは一瞬で溶けます。

3.食パンを1枚置く

中央に来るように食パンを1枚置きます。1分10秒測ります。

フライパンに食パンをおいた

焼いている間は、軽くフライ返しなどで押してください。

まわった油をパンに染み込ませると、パンがラスクのようになり、おいしいです。

4. ひっくり返しもう片面も焼く

パンをひっくり返して、もう片面もさっと焼きます。焼き目が付いたら完成です。

こんがりトースト

準備をしてからここまでで時間は約7分です。とても手軽でした。

さてさて、お味見を。アツアツのまま、半分にしました。

左:鉄素材のフライパンで焼いたトースト、右:アルミ素材のフライパンで焼いたトースト

鉄フライパンで焼いた方が焦げてる!?

審査員として、母にも協力してもらいました。 まず、左の鉄フライパンで焼いたトーストからいただきます。ご覧の通り、耳も真ん中の白い部分もサクサクしていました。油とバターをたっぷり含んでいるので、耳はラスクのようにカリッと。おいしかったです。

私はバターはたっぷり塗る派なので、にじむバターに頬っぺたが落ちそうでした。

続いて、アルミ素材のフライパンで焼いたトーストです。こちらはふわふわ感を残しつつ、サクッとしていました。こちらも油はたっぷりです(笑)

鉄素材のフライパンは温度調整、焼き時間を見ていないとあっという間に焦げますが、カリサク食感のトーストがお好きな方は断然鉄素材のフライパンをお勧めします。

一方、焼き色で失敗なしのアルミフライパンはサクちょいふわ食感です。どちらが好みかによってフライパンの種類を使い分けましょう。

フライパンで食パンを焼くと何がいいの?

1つ目は、アツアツのパンをお皿に移し、バターを塗る必要がないことです。アツアツトーストをお皿に置くと、パンが汗をかいてへなへなになってしまいます。また、美味しいトーストですが、2枚目は冷めてバターが広がらず、あまりおいしくありません。

2つ目に私がたどり着いた答えは、手入れの簡単さです。トースターを使うと、焼いている間は楽なのですが、パンくずが機械にこびり付いて掃除をするのが面倒くさいです。分解したり、上下に振ったりしてパンくずを取り除かなければならないことが手間です。

トースター

しかし、フライパンを使えば内面以外にパンくずが落ちることなくササっと洗うだけできれいになります。

時間を計るのは手間では?

いいえ、そうでもありません。たしかに焦げないように火加減を調整したりタイマーを設定しますが、トースターを焼くより短時間でおいしいトーストを焼くことが出来ます。

トースターは、中が冷えた状態、連続して焼く場合ではかかる時間も異なります。ちょっと焦げ目を付けたくて2回焼いたら焦げてしまったなどもあるあるですよね。

おまけ

時間が長いとどうなの?弱火で焼くとどれくらいかかるの?なども比較してみました。

1.焼き時間1分30秒バージョン

材料、全ての工程は上記と同じです。

アルミ素材のフライパン→鉄素材のフライパンの順番でひっくり返しました。誤差は5秒程度です。

フライパンでトースト

見た目はきれいなのですが、鉄の方は裏がかなり真っ黒に焦げてしまいました。アルミフライパンで焼いた方はおいしかったです。

2.弱火にしてみた

焦げてしまうなら…と、弱火で焼いてみました。材料・手順は上記と同じです。

1分20秒焼いて、ひっくり返すと…、白かったです。焼き目が全くついていませんでした。

そこで、もう1分20秒追加しましたが、ほんのり焼き目が付いたくらいでした。

フライパン
フライパン

3分半を過ぎたあたりから、中火で焼きました。 焦げるから弱火にして焼くのは違うようです。 火加減を気にしつつ、サクッと焼くのがおいしいようです。

また、弱火で焼いたトーストはどちらもサクッと感低めでした。

最後に

カリサク食感がお好きな方は、鉄素材。

鉄フライパン

サクちょいふわ食感がお好きな方は、アルミ素材がおすすめです。

アルミフライパン

たまにはフライパンで食パンを焼いてみるのも、おいしいかもしれませんよ。

今回使用した商品

enzo(エンゾウ) 鉄フライパン

Dish&Chill IH対応オンザテーブルパン 26cm

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市