【悩める子どもの朝ごはんレポ】魚料理のお悩み解決!子どもとママが喜ぶ簡単魚レシピ

悩める子供の朝食 簡単魚レシピ

今回は、骨の多い魚が嫌いというみのりちゃん(3才)ママのレポートをお送りします!朝食から魚メニューとなると、作るのも食べるのもなかなかハードルが高いですよね?そんな時に便利なのが魚の缶詰!忙しい朝でもパパッと作れる栄養満点の魚レシピを紹介します。

* * *

離乳食の頃はどちらかといえば良く食べていた娘。2歳、3歳と成長するにつれだんだん好き嫌いがはっきりするようになりました。保育園の給食はお行儀よく座ってきちんと残さず食べているようですが、家では集中できず遊び食べ&苦手なものは残してしまいます。固い野菜や骨の多い魚など苦手なものは調理法や味付けを工夫しているつもりですが、もう少したくさん食べてくれたらな~というのが本音です。

子供のプロフィール

みのり(3歳10ヶ月)

身長:95cm 体重:15kg

明るく活発な女の子。人懐っこく面白い性格。

好きな食べ物

ブルーベリー、バナナ、トマト

嫌いな食べ物

骨の多い魚、固い野菜(ブロッコリー、ピーマン、アスパラなど)

朝のタイムスケジュール

6:30 私起床

    パパのお弁当作り、朝食作り

7:00 娘起床ゆっくり朝食タイム(油断するとTVを見はじめます。)

7:30 パパ起床

7:40 私身支度(お化粧しながら、ダラダラ食べている娘を励まします。)

7:50 娘身支度(まだ食べているので食べながら髪を結びます。)

8:00 娘を連れて登園

我が家の朝食スタイル:ご飯食6割、パン食4割

子供朝食メニュー

朝食は食べこぼしの少ないおにぎりやパンを中心に、嫌いなものだと食事が進まないため好きな野菜サラダとソーセージ、ハンバーグ、骨の少ない焼き魚、フルーツヨーグルトなどが定番です。色んな食材を食べさせたくても、娘のリクエストを聞くとどうしてもメニューがマンネリになりがち。

子供の食事についての悩み:食事に集中できない、好き嫌いをする。

最近のいちばんの困りごとは食事に集中できないことです。一口食べては席を立ちウロウロ。絵本を読んだり、他の部屋に行ってみたりととにかく時間がかかります。

遊び食べ

食べてもらえるよう褒めてみたり、私が食材になりきって「ねぇねぇ食べて~!」と語りかけてみたり、最後は食べさせたりしながらやっとのことで食事終了。時には1時間以上かかりもうクタクタです(涙)苦手な食材は「これはね、まだ小さいから食べられないんだ~。」なんてもっともらしい理由をつけて断るようになり、本当に困っています。

子供の食べ残し

朝食は好きなメニューから食べ始め、保育園の時間が迫ってくると何とか量を食べてほしいのでデザートのフルーツヨーグルトを途中から出すのですが、その結果、野菜を残してしまうというのがいつものパターンです。

子どもも一緒にお手伝い♪サバーグ風ふわふわおやき

料理のお手伝いがマイブームな娘。朝ご飯はなかなか一緒に作る機会がなかったのですが、休日や時間のある時にお手伝いしてもらうことにしました。

サバーグ 具材を混ぜているところ

まずは汁気を切ったサバ缶・はんぺん・卵・コーン・片栗粉を袋に入れてよく揉み合わせます。「もみもみ~♪」と楽しそうです。早くも疲れたと言っていたので途中から私に交代(笑)

サバーグ タネを丸めているところ

丸く成型する工程も粘土遊びのように嬉しそうに作っていましたよ。

フライパンに入れ、焼く時にはちょっと離れた所から見ていてもらいました。

サバーグ フライパンで焼いているところ
Dish&Chill(ディッシュ&チル)IH対応ガラス蓋付オンザテーブルパン 26cm で焼きました。

ひっくり返していい焼き色がつくと「わぁ~!!」という歓声が。

サバーグ 完成

娘が食べたいと言うので多いかなと思いながら2個盛り付け。食べ終わると「おかわり~!」でも、これだけでお腹いっぱいになりそうだったので、他のおかずを全部食べたらあげることに。そしておかわりしたさに見事完食!

サバーグを食べてお腹いっぱい

3個目を食べて「おなかポンポン~!」パパにお手伝いしたことを褒められて嬉しそうに作り方を説明していました♪

作り置きもOK!ごはんがすすむサバのしっとりふりかけ

こちらのメニューは作り置きができるということで、前日に娘と一緒に作ることにしました。

らくCHIN!シリコーンスチーマー
らくCHIN!シリコーン シリコーンスチーマーL をのぞく娘

可愛いシリコンスチーマーに娘のテンションもアップ♪「何これ~?お弁当箱??」と興味津々です。

サバのしっとりふりかけ サバをつぶしているところ

まずはサバ缶の汁気を切ってほぐします。

サバのしっとりふりかけ 野菜を細かく切っているところ

次に野菜を細かく切っていきます。しいたけを砕く作業は娘にお願いしました。ちょっと大雑把な性格が出ましたがなかなか上手にできました!ほぐしたサバと野菜をシリコーンスチーマーに入れたらレンジで2分チン!

サバのしっとりふりかけ レンジで2分チンしたところ

野菜を追加してもう一度3分チンしたら、仕上げにごまを混ぜてあっという間に完成。

サバのしっとりふりかけをご飯にふりかけて完成

いつもは市販のふりかけを食べることが多いので、目新しいメニューに「これふりかけなの?」と不思議そうな娘。

サバのしっとりふりかけをパクパク食べているところ

娘はピーマンやパプリカが苦手なので食べてくれるか心配でしたが、美味しいと食べてくれたので良かったです♪ピーマンは細かく切ってあり、魚やしいたけのうまみと合わさっているので、固さや苦みを感じにくかったのだと思います。ご飯もすすみ野菜を変えて色々アレンジできそうなので、これから我が家の定番になりそうです。

子どももパクパク!さんまの蒲焼う巻き風

玉子焼きといえば朝食の定番メニューですよね。我が家でも野菜を入れたりして作ることがあるのですが、意外と魚を入れて作ったことがないなと思い試してみました。まずは卵を割って、あおさや調味料を入れて混ぜ合わせます。

卵をかきまぜるお手伝い

私が作ろうとすると娘が手伝いたいと言うので、卵を割るのと混ぜるのは娘にお願いしました。

玉子焼器に卵とさんまを投入
プレジデントストーン IH対応玉子焼13×18cm

あとは玉子焼き器に卵を入れ、さんまをのせてくるくる巻いていくだけ。

くるくる巻いて完成

「くるくるしたい~!」と言っていましたが、きれいに作るのはまだちょっと難しいかな?

さんまの蒲焼う巻き風玉子焼き完成

さんまは小骨が多く食べるのに時間がかかるので朝食にはめったに登場しません。気を付けて取り除いても少し骨が残ってしまって、すごく嫌がるんですよね。こちらは缶詰を使うので調理の手間が省け、小骨や生臭さを気にしなくて良いので子どもも食べやすくて良いですね!ママにも子どもにも嬉しいメニューだと思います。

さんまの蒲焼う巻き風玉子焼きをパクパク食べているところ

娘は玉子焼きが好きなので、いつもとちょっと違うメニューに大喜びでした♪野菜は少し残してしまいましたが卵焼きは完食!まずまず量は食べたほうだと思います。

【まとめ】子どもが進んで食べるコツは上手く気分をのせてあげること

子供が朝食を食べている姿

子どもが食事を進んで食べるためには、やる気を引き出すことが最大のポイント!「食事の時にはきちんと座って食べる」「好き嫌いなく何でも食べる」と教えることも大事ですが、何より食事の時間を楽しみ自分から食べたいと思ってもらうことが一番かなと思います。

お手伝いをすることで親子のコミュニケーションが生まれ、食事中の会話も弾みました。楽しく話していると自然と食事も進むような気がします。

遊び食べは完全にはなおらなかったですが、集中して食べる時間は長くなったように思います。朝食メニューは特にマンネリになりがちでしたが、ちょっと目新しいメニューにすることで子どもが興味をもって食べてくれるようになり、これからもお手伝いをさせたり、調理の工夫をしていきたいなと思いました。

関連記事

朝食ぱくぱくレシピ「子どもが喜ぶ簡単魚アレンジレシピ」 -Let’s 和ごはんプロジェクト!-

【悩める子どもの朝ごはんレポ】野菜嫌いを克服?!子供と一緒に作れるかんたん卵レシピ

【悩める子どもの朝ごはんレポ】白飯嫌いを克服する朝食ぱくぱくレシピとコツ

和ごはんプロジェクトについて

和平フレイズは、農林水産省が行っている和食文化の保護・継承の取組「Let’s!和ごはんプロジェクト」に参画しています。

【プレスリリース】農林水産省 Let’s!和ごはんプロジェクトに参画中です

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市