メーカー直伝!鉄フライパンのお手入れ、油ならし・油返し、焦げ付きの落とし方を徹底解説

鉄フライパンの洗い方

鉄製のフライパンは使い込むほどに油がなじみ、焦げ付きにくく使いやすくなっていきます。
熱をしっかり蓄え食材に熱を伝えるので、炒め物はシャキッと、焼き物は香ばしく仕上がります。

一方で「くっつきそう」「お手入れが大変そう」「すぐ錆びてしまいそう」といったマイナスイメージも持たれがちです。

鉄フライパンの使い方をまとめると…

  1. 使い始めに「油ならし」する
  2. 毎回の調理前に「油返し」する
  3. 使い終わったらたわしやささらを使い、お湯で洗う
  4. 水分を飛ばし、薄く油を塗って保管する

やってみて慣れてくると、意外と簡単な作業です!

今回は、鉄フライパンの

  • お手入れ方法(洗い方)
  • 焦げ・サビの落とし方
  • 油ならし、油返し

の方法を写真付きでご紹介します。

鉄フライパンに興味がある方や、鉄フライパンを持っているけれど使いこなせていないと感じる方はぜひチェックしてみてくださいね!

鉄のフライパンお手入れ方法(洗い方)

使い終わった鉄製品はすぐに洗って、水気を飛ばしてください。
調理後は内容物を保存せず、すぐ他の容器に移しましょう。料理を入れたままにしておくと塩分や酸等によりサビ発生の原因になります。

鉄フライパンをたわしで洗う
①鉄フライパンが温かいうちにたわしやささらを使い、お湯で洗います。
鉄フライパンの水気を飛ばす
② 水気を拭き取り中火で加熱し、完全に水気を飛ばします。
※水分が付着したままでは必ずサビますので注意してください。
鉄フライパンに油を塗る
③ キッチンペーパー等を使い、内側に油を刷り込むように塗ります。
※熱いのでヤケドに注意!
洗剤を使うとなじんだ油が洗い流されてしまい、焦げやすくサビやすくなってしまいます。
汚れがひどい場合は食器用洗剤を使用してもOKですが、洗浄後は必ず中火で加熱し、水気を飛ばしてから「油ならし」を行なってください。
※油ならし手順は後ほどご紹介します。

「たわし」や「ささら」を使う理由

鉄フライパンを洗う時には、育ててきた油膜を残し、汚れだけを落とすことがポイントです。
基本的には食器用洗剤は使用せず、たわしやささらとお湯を使って汚れをかき落とします。

ささらは、竹や細い木等と束ねて作られる道具で、たわしと同様に食器類の洗浄に使います。
洗い流せる汚れを落としてから、くっついている食材をこそげ落とすように使います。

竹のささら

ささらの特徴

  • たわしよりも硬く、汚れをこそげ落としやすい
  • 長さがあるので手が水に触れず、手荒れしにくい
  • たわしに付着する油脂が気になる方におすすめ

DAYWEAR公式ショップで見る

Amazonで見る

鉄のフライパンの焦げ・サビ落とし方

もし鉄フライパンが焦げついてしまっても大丈夫です!
お手入れをすれば繰り返し使用できます。

焦げ付いた鉄フライパン

焦げ付いた鉄フライパンに水を張る
①鉄フライパンの底を覆う程度の水を入れます。
焦げ付きをお湯でふやかす
②中火で加熱し沸騰させ、焦げ付きを柔らかくします。
スチールたわしで焦げ付きを落とす
③スチールたわしや金属ヘラで焦げ付きを擦り落とし、洗い流します。(落ちない場合は磨き粉を使用してください)
塗装がはがれても心配ありません。思い切ってゴリゴリしましょう!
水気を飛ばす
④水気を拭き取り中火で加熱し、完全に水気をとばします。
※水分が付着したままでは必ずサビますので注意してください。
 
⑤最後に必ず「油ならし」を行なってください。
※油ならし手順は後ほどご紹介します。

鉄フライパン焦げ付きの原因と対策

鉄フライパンが焦げ付く原因をまとめると

  1. 「油ならし」が不十分
  2. 調理時の油が足りていない
  3. 火力が強すぎる
  4. お手入れせずに放置した
  5. 洗剤で洗ってしまった
  6. 焦げを落としきれていない

という6点が挙げられます。

焦げ付きやすくなる原因と対策をご紹介します。

①「油ならし」が不十分
使い始めは特に油が十分になじんでいません。
しっかりと「油ならし」をしてから使いましょう。

②調理時の油が足りていない
内面コート加工のフライパンを使っていた方は油の量を控えがちです。
使い始めは少し多めの油で調理し、徐々にならしていきましょう。

鉄フライパンに多めの油を入れる

③火力が強すぎる
火力が強すぎると鉄フライパンが急激に熱くなり、食材が焦げ付きやすくなってしまいます。
調理中の火加減は少し控えめを心掛けましょう。

鉄フライパンを中火で加熱する

また、いきなり高火力で加熱すると変形します。火力(出力)を「弱」にしてしばらく加熱し、その後「中」へと徐々に強くしていただくことで、底面の変形を防ぐことに効果的です。

④お手入れせずに放置した
調理後、お手入れせずに放置した鉄製品は残った汁や食材で焦げ付きの原因になります。
食材を全部お皿に盛り付けたり、容器に移し替え、すぐにお手入れしてください。

内容物を移し替えた鉄フライパン

⑤洗剤で洗ってしまった
洗剤で洗うとせっかく馴染んだ油が落ちてしまいます。
汚れは「お湯+たわし」で落としてください。

鉄フライパンを洗剤で洗う

汚れがひどい場合は食器用洗剤で洗ってもOKです。
洗剤を使用後は必ず中火で加熱し、水気を飛ばしてから「油ならし」を行ってください。

⑥焦げを落とし切れていない
一度焦げ付いたところが何度も焦げる場合は、焦げが完全に取れていない可能性があります。
しっかりと汚れを落とすように注意しましょう。

たわしで汚れを落とす

鉄のフライパン使い始めに「油ならし」

鉄フライパンは以下の「油ならし」を行うとより焦げ付きにくくなります。
油ならしとは、表面に油をなじませ薄い油の膜をつくり、焦げ付きにくくすることです。

特に初めて使う場合にはこの油ならしを行なってください。

鉄フライパンの水気を飛ばす
①フライパンを洗剤で洗い、中火で2〜3分加熱し、完全に水気を飛ばします。
鉄フライパンに多めの油を入れる
②火を止めて多めの油(1/2~1カップ)を入れます。
油を弱火で3分程度加熱する
③弱火で3分程度加熱します。(この3分間が油の膜を作る大事な時間です)
鉄フライパンで加熱した油を移す
④火を止めて余分な油をオイルポットなどに戻します。
鉄フライパンに油を刷り込む
⑤キッチンペーパー等を使い、擦り込むように拭き取ります。
野菜くずを炒める
金気が気になる場合は野菜くずを炒めてください。鉄特有の金属の臭いが取れます。
野菜くずは 玉ねぎの外側の皮や芯、人参の皮やヘタ、キャベツの芯、セロリの葉やネギの青い部分など、香味野菜がおすすめです。

鉄のフライパンで調理する前の「油返し」

鉄製品を上手に使いこなしている人たちが調理の前に必ず行っているのが「油返し」という作業です。焦げ付きにくく調理できますので必ず行ってください。

コツは鉄フライパンを十分に温めること。煙が出る寸前くらいが◎

鉄フライパンを中火で加熱する
①鉄フライパンを中火で加熱します。
鉄フライパンに多めの油を入れる
②多めの油(大さじ3程度)を入れ、弱火で3分程度加熱し、十分に油を馴染ませます。
鉄フライパンで加熱した油を移す
③ 火を止めて余分な油をオイルポットなどに戻します。
油を入れて料理を開始
④必要な量の油(小さじ1/2~1程度)を入れて調理を始めます。

IHクッキングヒーターでご使用の際の注意

ガスコンロはフライパン全体を熱します。
一方、IHクッキングヒーターはプレートに接した鉄製品の側面、それもドーナツ状部分だけを発熱させます。
発熱するドーナツ状部分とそれ以外の場所で大きな温度差が生じ、底面が熱膨張によって変形することがあります。

鉄フライパンを上手にIHで使う方法

IHクッキングヒーター の火力(出力)を「弱」にしてしばらく加熱し、その後「中」へと徐々に強くしてください。
底面の変形を防ぐことに効果的です。

  • IHクッキングヒーターご使用の際は必ず中火以下で使用してください
  • 変形やガタつきが生じた場合は使用しないでください
  • IHクッキングヒーターは電源を入れると急激にフライパンを加熱するため、少量の油の場合数十秒で発火点に達します。そのため、下ごしらえ等少量の油で炒め物を行う際には火力(出力)を「中」以下で調理してください
  • フライパンはヒーターの中央に置いてください。加熱中にブーンという音が生じる場合がありますが、IHクッキングヒーターとフライパンの振動の波動が共鳴するために生じるもので、異常ではありません。

まとめ

  1. 使い始めに「油ならし」する
  2. 毎回の調理前に「油返し」する
  3. 使い終わったらたわしやささらを使い、お湯で洗う
  4. 水分を飛ばし、薄く油を塗って保管する
  • 十分に油ならしする
  • 少し多めの油で調理する
  • 調理中の火加減は少し控えめにする
  • なるべく早くお手入れする、洗剤を使わずに洗う
    ※ひどい汚れには洗剤を使用し、必ず油ならしをする
  • しっかりと汚れを落とす

鉄フライパンは一生モノと言われるほど長く使うことができます。
使い方とお手入れをマスターして、ぜひ長くご使用くださいね。

関連商品

enzo(エンゾウ)鉄フライパン26cm
この記事で使った鉄フライパン。高温調理に強く、食材を入れても熱が下がりにくい蓄熱性に優れた国産の鉄を使用。
ガス火はもちろん、IHクッキングヒーターにもご使用いただけます。

enzo鉄フライパン

DAYWEAR公式ショップで見る

Amazonで見る

関連記事

関連記事

このWEBメディアを運営している 和平フレイズ株式会社 は、主に鍋、フライパンを企画・販売しています。 今回は鉄フライパンのメリット・デメリットをご紹介します! 「鉄フライパンで料理すると美味しいって聞くけど、なぜ美味[…]

関連記事

「鉄製品でステーキを焼くと美味しい!」一度は聞いたことがありませんか? 今回は鉄フライパンを使った「牛ステーキ肉を柔らかく焼く方法」を徹底解説! しかも、高級ステーキ肉ではありません。一般的な食品スーパーで手に入る「お手頃価格(グラム18[…]

牛ステーキ肉を鉄フライパンで焼く
関連記事

鉄製のキッチン道具というと「鉄フライパン」や「鉄スキレット」を思い浮かべる方が多いかもしれません。 どちらもいわゆる「フライパン」の形をしていますが、どのような違いがあるのでしょうか?また、選ぶときはどんなポイントに気をつけるべきなのでし[…]

関連記事

このWEBメディアを運営している 和平フレイズ株式会社 は、主に鍋、フライパンの企画・販売をしています。 今回は鉄スキレットのシーズニング(油ならし)方法をご紹介します! 「スキレットを持っているけれど、シーズニング([…]

スキレットの油ならしにくず野菜を使う理由
関連記事

パンをトーストするときは何を使いますか? 我が家ではトースターを使います。パンを入れてハンドルを下げて、焼き上がったらポンッとでてくるタイプです。 この勢いよく飛び出すタイプを使い続けて10年は経っていますが、[…]

鉄フライパンとアルミフライパンで焼くバタートーストの違い
関連記事

2019年はどんな1年でしたか?わたしは、縁に恵まれた年でした。初対面の方とも多くお会いすることができ、大変勉強できました。 初めての人ばかりでもなく、昨年は初めてのモノにも触れる機会がありました。鉄フライパンです。 […]

 

今の時代に合ったキッチン道具をご提案します
60年以上日本のキッチン道具を作り続けた和平フレイズだからできる、今の時代に合った普段使いの道具をご提案いたします。

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
選び方、使い方、お手入れ方法などキッチン道具のノウハウをご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市