メーカー直伝!鉄スキレットの洗い方、サビた場合・サビにくくするお手入れ方法

鉄スキレット高温で調理可能。お肉や野菜の旨味を逃がしません。板の厚みがあり蓄熱性が高いので食材にじっくりと火を伝える料理もできます。

火加減を弱めて焼く
鉄スキレットでアヒージョ

一方で、スキレットをはじめとする鉄製の鍋類は、非常にサビやすい製品です。使用・未使用に関わらず、少しでも水分が付着していると1日もたたずにサビる場合もあります。

でも、もし鉄スキレットがサビてしまっても大丈夫!復活させることができます。

今までサビさせてしまった経験のある方もぜひこのコラムをご参考に、鉄スキレットマスターになってくださいね。

今回は鉄スキレットを長く快適に使うための

  • 調理後の洗い方
  • サビにくくするコツ
  • サビてしまった場合の対処方法

をご紹介します!

鉄スキレットを使う前のシーズニング(油ならし)、焦げ付きにくい焼き方、安全に使う方法はこちらのコラムでご紹介しています。合わせてご覧ください。

鉄スキレットをサビにくくするお手入れ方法

今回は和平フレイズのヘビーズ  鉄スキレット18cmを使いお手入れ方法をご紹介します!

ヘビーズ 鉄スキレット18cm

【ご注意】本品は流通段階でのサビ防止のために鍋の表面に食用油による塗装を施してあります。ご使用を重ねるうちに塗装は徐々に剥離・摩耗していきます。永久に付着しているものではありません。

鉄スキレットは「水分を残さない」「薄く油を塗って保管する」ことがサビにくくするコツです。調理後は以下の手順でお手入れしていきましょう。

  1. 温かいうちにお湯でたわしやササラ等で洗う
  2. 火にかけて水気を飛ばす
  3. 内面に薄く油を塗る(時々)
 

①温かいうちにお湯でたわしやササラ等で洗う

使用後の鉄スキレットをお湯とタワシで洗う
鉄スキレットが温かいうちにお湯をかけながらたわしや竹のささらで表面をゴシゴシ洗います。
基本的には食器用洗剤を使わずに洗ってください。
鉄スキレットの外面をお湯とタワシで洗う
外面もお湯とたわしで洗います。
意外と大事なポイント!
内面洗いでたわしに付着した油分が外面を洗うときに薄くつき、サビ予防につながります。
塩分や酸等を含んだ汚れを付着したまま放置するとサビ発生の原因になります。ゴシゴシ洗ってしっかり汚れを落としましょう。
ご使用後、汚れがひどい場合は食器用洗剤で洗ってください。この場合必ず以下の②③を行ってください。
 
②火にかけて水気を飛ばす
鉄スキレットを火にかけ水分を飛ばす
水気を軽く切り、火にかけて水気を飛ばします。
鉄スキレットの原材料である鉄はサビやすい金属です。少しでも水分が付着していると1日も経たずに錆びる場合もありますので注意しましょう。
 
③全体に薄く油を塗る
キッチンペーパーを使い薄く油を塗る

キッチンペーパーを使って内面に薄く食用油を塗ります。油を塗るのは時々でOKです。
外面には、内面を洗ったたわしに若干の油が付着しますので、その同じたわしで洗っていただければ薄く油がつきます。これで十分です。

長期間使わない場合は必ず内面・外面に油を塗って保管してください。

以上で鉄スキレットのお手入れは完了です!

なぜ鉄スキレットを食器用洗剤で洗ってはいけないの?

鉄製品はサビやすく、ふっ素樹脂のような内面コートを施していないため使い始めは焦げ付きやすいものです。
使い込んでいくうちに鉄製品の表面に自然に油がなじみ、焦げ付きにくく使いやすくなっていきます

食器用洗剤を使うと、このなじんだ油を落としてしまいます!そのため、基本的に使用後はお湯と、たわしやササラで洗っていただくことを推奨しています。

しかし、お湯とたわしでは汚れを落としきれないような、タレ等のガンコな汚れには食器用洗剤を使い汚れを落としてください。この際は必ず火にかけて水気を飛ばし、油を薄く塗ってください。

鉄スキレットの保管方法

湿気の多い場所(写真のようなコンロ下、シンク下など)で保管するとサビ発生の原因になります。
お手入れ後はなるべく風通しの良い場所で保管しましょう。鉄スキレット表面の油の付着が気になる場合は、新聞紙や紙袋で包んでください。

湿気のたまりやすいコンロ下とシンク下
 

鉄スキレットのサビ、頑固な焦げ付きの落とし方

焦げ付いた時は、お湯を入れてしばらく煮立たせ焦げ付きを柔らかくしてから、たわし等で落としてください。

頑固な焦げ付き、焦げ癖(いつも同じ場所が焦げる)やサビが発生した場合には以下の方法をお試しください。

  1. 食器用洗剤とたわしでゴシゴシ磨きます。
  2. 油分がある程度取れたら洗って拭き取り、強火で鍋全体を「空炊き」します。
  3. 熱が冷めたらサンドペーパー(100〜150番程度)で磨きます。
  4. もう一度洗って拭き取り、強火で加熱します。
  5. 熱がある程度冷めてから、シーズニング(油ならし)を行います。

鉄スキレットの臭いが取れない場合の対処法

臭いのもとは調理カスです。鉄表面の汚れを落としましょう。

  1. 本体を中火で加熱し、煙が出てきたら火力をやや落として5分程度加熱します。
  2. 冷めたらたわし等で炭化した調理カスを洗い落とし、火にかけて水気を飛ばします。

上記の方法でも臭いが落ちない場合、下記の方法で臭いが中和できます。

  1. 本体に水を5分目程度、重曹を3g(小さじ1)程度入れて弱火で加熱します。
  2. 湯が跳ねない程度(80〜90℃)で3分程度加熱し火を止め、ぬるま湯程度まで冷めたらスポンジで内面を軽くこすり落として水洗いし、火にかけて水気を飛ばします。

どちらの場合も、熱がある程度冷めてから、シーズニング(油ならし)を行ってください。

鉄スキレットご使用中の注意事項

これまでご紹介した以外にもいくつかご注意頂きたい点をご紹介します。

  • IHで使う場合は中火以下で使用してください。最大火力でのご使用は本体変形および器具の破損の原因になります。
  • 湯沸かし、煮物や汁物等の調理には絶対に使用しないでください。水分が塗装に浸透し、剥離や腐食(サビ)の原因になります。
  • 天ぷら・揚げ物料理には使用しないでください。油温が200度以上に達すると火災の危険があります。
  • 調理後、内容物の保管はNGです。料理に含まれる塩分や酸等が腐食(サビ)の原因になります。料理後は他の容器に移しましょう。
  • つけ置き洗いはNGです。水分によりサビ発生の原因になります。
  • 食器洗浄機や食器乾燥器にはご使用いただけません。

使い方の詳細はこちらのコラムをご覧ください。

まとめ

鉄スキレットは「水分を残さない」「薄く油を引く」ことに気をつけていただければ、サビさせずにお使いいただくことができます。

また、シーズニング(油ならし)を使い始めからしばらく行なっていただくことで、油がなじみ、焦げ付きにくく使いやすくなっていきます。

多少の手間はかかりますが、その分美味しい調理ができ、末長く使える道具です。

正しい使い方・お手入れを実践して、鉄スキレットを活用してくださいね。

関連商品

ヘビーズ 鉄スキレット18cm

ヘビーズ鉄スキレット

2〜3人にちょうどいいサイズのスキレット。調理後も冷めにくいのでアツアツの美味しい料理がそのまま楽しめます。

Amazonで見る

竹のささら

竹のささら
鉄鍋のお手入れに最適な、鍋肌を傷めにくい竹製のささらです。
こびりつきを落とすには、お湯でふやかした後、ささらでやさしくこそげ落とします。

関連記事

鉄製のキッチン道具というと「鉄フライパン」や「鉄スキレット」を思い浮かべる方が多いかもしれません。 どちらもいわゆる「フライパン」の形をしていますが、どのような違いがあるのでしょうか?また、選ぶときはどんなポイントに気をつけるべきなのでし[…]

関連記事

みなさん、ご家庭ではどんなフライパンを使っていますか? ふっ素樹脂加工されたこびり付かなくて軽いフライパン、内面が白いコーティングのセラミックのフライパンなど様々な種類がありますね。これらのフライパンはこびり付きにくく、気持[…]

お客様からの「こうしてほしい!」を商品に。

このWEBメディアDAYWEAR WAHEI(デイウェア ワヘイ)を運営している和平フレイズ株式会社は、新潟県燕市のキッチン道具メーカーです。さまざまなニーズにお応えするために、モニタリングやお客様の声を活かし商品を企画・販売しています。

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
キッチン道具の選び方や使い方をご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市