メーカー直伝!フライパンの素材3種類を徹底解説【アルミ・鉄・銅】

フライパンに使われる素材は主に3種類あります。

  • アルミ(内面コート加工)

です!

今回は各素材のメリット・デメリットと、
使用上・お手入れ上の注意を比較しながら解説していきます。

フライパンの素材別メリット・デメリット

まずはアルミ、銅、鉄素材ごとにメリット・デメリットを解説します。

 

アルミ製フライパン(内面コート加工)のメリット・デメリット

アルミ(内面コート加工)製フライパンは他素材よりも手軽に使えることから、一番シェアの高い素材です

アルミフライパンのメリット・デメリット

アルミは比重が軽い金属です。
同じサイズの鉄製、銅製フライパンよりも本体は軽くなります。

そして熱伝導が良い金属でもあります。
フライパンが早く温まるので時間を無駄にしません。

アルミ素材フライパンの多くは、表面に「ふっ素樹脂加工」や「セラミック加工」などの内面コート加工を施しています。
内面コート加工により材料がこびりつきにくく、汚れを落としやすくなります。

汚れを落としやすい内面コート

▼内面コートについて詳しく知りたい方はこちら

関連記事

「フライパンの種類、たくさんあってよく分からないなぁ…」と感じた経験はありませんか? その原因は「いろんなコーティング名のせい」かもしれません。 当社は年間350万枚以上のフライパンを販売しています。 とりわけコーティングは、見た目だけで[…]

和平フレイズのフライパン

一方、アルミ製フライパンのデメリットは「消耗品」であること。
内面コートは徐々に摩耗し、だんだんとこびりつきやすくなってしまいます。

半永久的に使うことは不可能で、いずれ買い替えどきがきてしまいます。

無垢のアルミフライパンの特徴

表面加工をしていない無垢のアルミフライパンもあります。

量販店での取り扱いは少なく、かっぱ橋道具街などにある業務用調理用品の取扱いが中心のお店でよく見かけられます。

無垢のアルミフライパン

本体自体が軽く熱伝導が良い反面、表面加工がなくこびりつきやすい製品です。
水分・油分の多い調理に向いており、イタリアンレストランなどの業務用として使われています。

IH対応のアルミフライパンもあり。見分け方は?

「IH対応」と表記があるフライパンはIHクッキングヒーターでご使用いただけます。

また、フライパンの裏面(底面)に磁石がくっつくとIH対応です。

▼IH対応フライパンの見分け方はこちら

関連記事

当社では数多くのフライパンを取り扱っています。中でもアルミ製で内面コーティング加工のフライパンを多く取り扱っています。 よく「テフロン加工」と呼ばれたりするフライパンですね。 実は「テフロン」はデュポン社の商標であり、ふっ素樹脂加[…]

鉄製フライパンのメリット・デメリット

アルミ製フライパンに次いでシェアがあるのは鉄製フライパンです。
量販店でもよく販売されていますよ。

鉄フライパンのメリット・デメリット

鉄製フライパンは耐熱性・耐久性に優れており、高温調理が可能です。
※劣化につながるためアルミ製、銅製フライパンは高温調理を推奨していません。

高温調理ができるということは、さっと火を通せて水分が逃げ出さず、野菜はシャキシャキな仕上がりに。
お肉は外はカリッと中はジューシーに焼き上げ、旨味を逃がしません。
材料の味を生かした調理ができます。

鉄フライパンでステーキ

一方で、重くなりがちで錆びやすい点がデメリット。
鉄は比重が重い金属のため、アルミと比べ1.5倍程度重くなってしまいます。
※板厚やハンドルの素材によって変動します

鉄棒が錆びているように、鉄のフライパンも錆びやすいです。
錆びにくく、焦げ付きにくく使っていくために「油ならし」「油返し」といった作業が必要です。

これをクリアできれば、長く使えるというメリットになります!

▼鉄製品の詳しいお手入れ・油ならしはこちら

関連記事

みなさん、ご家庭ではどんなフライパンを使っていますか? ふっ素樹脂加工されたこびり付かなくて軽いフライパン、内面が白いコーティングのセラミックのフライパンなど様々な種類がありますね。これらのフライパンはこびり付きにくく、気持[…]

鉄製フライパンはいずれもIH対応

鉄製フライパンは底面直径が小さすぎない限り、いずれもIHクッキングヒーターでご使用いただけます。
※当社の場合、13cm以上のものを条件としています。

銅製フライパンのメリット・デメリット

アルミ製、鉄製よりシェアは低いものの、銅製フライパンも健在です。
とくに玉子焼は、銅製で作るとふっくら美味しく仕上がります。

銅フライパンのメリット・デメリット

銅製フライパンはアルミ製、鉄製よりも熱伝導に優れています。
銅製のタンブラーで飲むビールやアイスコーヒーがキリッと冷たく感じるのは、銅の熱伝導の良さが影響するためです。

調理面では熱が早く・柔らかく・まんべんなく伝わるため、熱ムラが少なくなります。
熱ムラが少ない=熱を均一に伝えるため、玉子焼作りに最適と言われているんです。

また、パンケーキも綺麗な焼き目でふっくらと焼き上げることができます。

銅のフライパンで焼いたパンケーキ

銅のデメリットは、鉄と同様で焦げ付きやすいこと。
こまめに油を引き、火加減には慎重に扱うことが大事です。

また、外面が変色しやすく、内面はメッキが劣化すると緑青が発生します。
※緑青は無害な物質です。

▼緑青のお手入れ方法はこちら

関連記事

こんにちは、広報部Web担当のやまやです。 突然ですが、「銅製のキッチン道具」使っていますか? もしかしたら、あまり馴染みのないものかもしれません。しかし、古くから使われてきた銅製品には魅力がたっぷりあります。 […]

銅製品はIHで使えません

銅製品はIHではご使用いただけません。
ガスコンロ以外の熱源にはご使用いただけませんので、ご注意ください。

フライパンの素材別・調理中の注意

実際の調理時はどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

こちらの表をご覧ください↓

フライパン素材ごとの使い方

 

素材別に詳しく解説します!

 

アルミ製フライパン(内面コート加工)使用時の注意

高さ5.5cm以下の一般的なフライパンでは、天ぷら・揚げ物はNGです。
温度が急激に上昇し発火の恐れがあるためです。
天ぷら・揚げ物料理には、本体高さ(深さ)が5.5cm以上のディープパンやいため鍋をご使用ください。

その他 ×は、内面コートの劣化につながる事項になります。

  • 強火調理
  • 空炊き
  • 金属ツールによる傷つき
  • 長時間に及ぶ料理の保存

以上は、内面コートの劣化につながります。
これらを避ければ内面コートを長持ちさせることができますので、ぜひお試しください。

フライパンには木のツールがオススメ

▼内面コートをなるべく長持ちさせる使い方はこちら!

関連記事

ご家庭にあるフライパンの大半は、フライパン内面によく「テフロン加工」とよく呼ばれる「ふっ素樹脂加工」が施されたフライパンかと思います。 世界で初めて調理器具に加工された商品が「テフロン加工」という呼び名を使っていたため、現在[…]

ふっ素樹脂加工のフライパンを長持ちさせる使い方

 

鉄製フライパン使用時の注意

急に高温で熱すると本体が変形しやすいため、中火から徐々に火力を上げるように使いましょう。

また、油をしっかり使っていただくことでこびりつきにくく調理できます。

鉄フライパンに油を引く

煮る・茹でるといった水分の多い調理や、料理の保存はNGです。腐食(サビ)に繋がります。

アルミ製フライパンと同様に、鉄製フライパンも天ぷら・揚げ物料理は禁止です。
※鉄製中華鍋であればOKです。

銅製フライパン使用時の注意

表にすると全て×となっていますが…銅製フライパンは、とことん「焼く調理」向きです。
熱ムラを起こしにくく、材料に均一に火が通るためです。

火加減にじゅうぶんご注意いただき、油をこまめに引いて焦げ付きを予防しましょう。
きれいな焼き目でふっくらと焼き上げることができますよ。

銅のフライパンで焼いたパンケーキ

銅は傷がつきやすい素材のため、先の尖った金属製ツールの使用は控えましょう。

フライパンの素材別・お手入れの注意

お手入れの手軽さも気になるところです。

こちらの表をご覧ください↓

フライパン素材ごとのお手入れ

素材別に詳しく解説します!

 

アルミ製フライパン(内面コート加工)のお手入れ

スポンジと食器用洗剤で洗えます。
内面コートを傷つけてしまうためタワシや磨き粉、重曹の使用は避けましょう。

汚れを落としやすい内面コート

酢/クエン酸は、焦げ付いた所にピンポイントでご使用いただけます。
多量の酢/クエン酸の使用は、アルミの腐食(サビ)につながるためご注意ください。

食洗機、食器乾燥機は着脱ハンドルタイプの本体(皿部分)のみご使用いただけます。

食洗機で洗える着脱ハンドルのフライパン

 

鉄製フライパンのお手入れ

油膜を落とさないよう基本的にたわしとお湯で洗います。
洗った後は火にかけ水分を飛ばし、薄く油を塗って保管します。

鉄フライパンをお湯とたわしで洗う

ひどい汚れには食器用洗剤を使いましょう。
頑固な焦げ付きはたわしでゴシゴシこすってOKです。磨き粉、重曹、クエン酸も使用できます。

よく流し水分を飛ばしたらしっかり油ならししておきましょう。

▼鉄製品の詳しいお手入れ・油ならしはこちら

関連記事

みなさん、ご家庭ではどんなフライパンを使っていますか? ふっ素樹脂加工されたこびり付かなくて軽いフライパン、内面が白いコーティングのセラミックのフライパンなど様々な種類がありますね。これらのフライパンはこびり付きにくく、気持[…]

 

銅製フライパンのお手入れ

スポンジと食器用洗剤で洗います。
銅は傷つきやすい素材なので、タワシや磨き粉は避けましょう。

変色(緑青)が気になる場合は専用の磨き粉でお手入れしましょう。

 

▼銅製品のお手入れ方法はこちら

関連記事

こんにちは、広報部Web担当のやまやです。 突然ですが、「銅製のキッチン道具」使っていますか? もしかしたら、あまり馴染みのないものかもしれません。しかし、古くから使われてきた銅製品には魅力がたっぷりあります。 […]

 

フライパンの素材による熱伝導の違い

熱伝導の速さを順位付けしてみました。

  1. 銅製フライパン
  2. アルミ製フライパン(内面コート加工)
  3. 鉄製フライパン

これだけでは伝わりづらいかと思いますので、おすすめ料理で表現してみたいと思います!

銅製フライパン
パンケーキ、玉子焼など。
均一に加熱し、ふっくら仕上げたい料理におすすめ!
アルミ製フライパン(内面コート加工)
全般におすすめです。
鉄製フライパン
ステーキ、野菜炒めなど
材料の旨味を閉じ込めたい料理におすすめ!

調理もお手入れも手軽なため、日常的に使うにはアルミ製フライパンがおすすめです。
重くなりがちで、少しお手入れの手間もかかりますが、鉄製フライパンも日常的に使いやすい道具です。

銅製フライパンは「焼く」以外の調理が難しいため、いろんな調理をしたい場合は頻繁には使いにくいかもしれません。

 

フライパンの素材によるくっつきにくさ

内面コート加工のアルミ製フライパンが一番くっつきにくい、というのは想定いただけるかもしれません。

  1. アルミ製フライパン(内面コート加工)
  2. 鉄製フライパン
  3. 銅製フライパン

鉄製フライパンを2位とした理由は、油がなじんでくると徐々にくっつきにくくなるためです。
(そのためにも、油ならし・油返しの作業が重要です)

油をなじませている鉄フライパン

 

銅は鉄よりも油がなじみにくいです。
ご使用の度にしっかり油を引き、火加減に気をつけてご使用いただく必要があります。

 

フライパンの素材による長持ち度

素材別に長持ち度合いも比べてみましょう!

  1. 鉄・銅
  2. アルミ(ふっ素樹脂加工)

鉄製・銅製フライパンは内面コート加工がない分、長くお使いいただけます。
うまくご使用いただければ何世代にも渡って使っていただけます。

鉄製フライパン
enzo鉄フライパン26cm
銅製フライパン
千歳銅フライパン

アルミ製は、内面コート加工が劣化したら買い替えどき。
消耗品とお考えください。

 

まとめ

最後に、具体的な選び方をご紹介します!

 

  • 軽さを重視したい
    →アルミ製フライパン
  • お手入れの手軽さを重視したい
    →アルミ製フライパン
  • 美味しく焼きたい
    →銅製フライパン、鉄製フライパン
  • 長持ちするものがほしい
    →鉄製フライパン、銅製フライパン
  • なるべく安いものがほしい
    →アルミ製フライパン

    ※素材や製造方法により幅があります。

フライパン選びの参考になりましたら幸いです!

コラムで紹介した商品

ufufu(うふふ)IH対応フライパン26cm

うふふフライパン

DAYWEAR公式ショップで見る

Amazonで見る

 

enzo(エンゾウ)鉄フライパン26cm

enzo鉄フライパン26cm

DAYWEAR公式ショップで見る

Amazonで見る

 

千歳(ちとせ)純銅フライパン20cm

千歳銅フライパン

Amazonで見る

 

▼素材別・玉子焼フライパンの選び方はこちら

関連記事

みなさん、玉子焼き作りはお好きですか? 卵液を引いて、くるくる巻いて、油を引いてまた卵液をひいて…の繰り返しがなんだか楽しいですよね。と言いつつ筆者は、玉子焼き作りは好きなのですが得意ではありません(涙) ところで、玉子焼フライパンには大[…]

今の時代に合ったキッチン道具をご提案します
60年以上日本のキッチン道具を作り続けた和平フレイズだからできる、今の時代に合った普段使いの道具をご提案いたします。

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
選び方、使い方、お手入れ方法などキッチン道具のノウハウをご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市