狭いキッチンでも作業できる!デッドスペース活用術

このメディアを運営している 和平フレイズ株式会社 は鍋・フライパンの販売がメインなのですが、実は収納アイテムも手がけています。

今回は「ミニキッチンやマンション等の狭いキッチン」の作業効率アップを目指した内容となっております。

  • キッチンが狭くて狭くて…作業スペースを増やしたい!
  • 狭いなりにもレイアウトを工夫してキッチンを使いこなしたい!
  • とにかく快適に料理したい!

という方はぜひチェックしてみてくださいね!

キッチンの狭さに悩んでいませんか?

一人暮らし向け1Kのミニキッチンや、マンションの狭いキッチンなどなどにはびこる問題…
それは 作業スペースが狭い ということ。

コンロは1口〜2口で、流しとの間のスペースは激狭。
水切りかごを調理台に置いたら、それだけで作業スペースがいっぱい〜なんてことも。
もしくはコンロと流しの間にスペースが無い、という場合もありますよね。

これは筆者が経験or見聞きしたことですが、

  • 料理に使う食材の置き場がないから、そばにある冷蔵庫や洗濯機の上に置く
  • キッチンにはスペースがないから、切る作業だけはリビングのちゃぶ台やテーブルでやる

こんな風に、狭いながらも工夫しながら料理してる方もたくさんいるはず。

そこでご提案です。
「デッドスペース」を活用してみるのはいかがでしょうか?

ポイントはこちら▼

  1. コンロに台を置く
  2. 流しに水切りを置く
  3. 流しにポールを橋渡しする
  4. 戸棚の収納はバスケットで
  5. シンクを流れやすくする

狭いキッチンの作業効率アップを目指して!
デッドスペース活用術とアイテムをご紹介します。

賃貸ミニキッチンでもできる吊り下げ収納術 はこちら▼

関連記事

このメディアを運営している 和平フレイズ株式会社 は鍋・フライパンの販売がメインなのですが、実は収納アイテムも手がけています。 今回は「ミニキッチンや、マンション等の狭いキッチン」の収納力アップを目指した内容となっております。 一[…]

マルチラック

①コンロに台を置く

作業スペースがないのなら、作りましょう!
加熱調理をしていない間、コンロの上はデッドスペースです。

このデッドスペースを活用するのが…

一口コンロカバー

一口コンロカバー です!

上図のように、脚を立てればコンロ上の作業スペースになります。
この台の上にまな板を置いて材料を切ったり、切った材料の一時置きに使ったり。

これならちゃぶ台で食材を切ることもなくなるはず。

また、脚を広げた状態ではシンク上を作業スペースにできます▼

一口コンロカバーを流しで使う

2通りで使えてお得感もありますね。
さらに、約10kgの重さに耐えられるというタフなアイテムでもあります!

②流しに水切りを置く

「狭い調理スペースに無理やり水切りかごを置いてる」という方に朗報です。

水切りかごは、流しの上に置けます!

シンク上水切りラック

こちらの シンク上水切りラック は、その名の通りシンクの上に置ける水切りかご。
蛇口の上のデッドスペースを有効活用でき、
水切りかごを置いていたスペースを別のことに活用できますね!

水切りかご(脚部分含む)は、スライドさせて幅を調整できます。

カゴ部分はお皿を立てて置けるから水切れ抜群。
下に受け皿がついているから、下が水浸しになることもありません。

シンク上水切りラックの水切りトレー

(多少の水ハネはあります。ご了承くださいませ。)

さらにこの水切りラック、隠れポイントがあるんです!

シンク上水切りラックの脚にツールをぶら下げる

↑脚部分に別売り小物をつけてカスタムできるんです!

フック をつけて、出番が多いおたま、へら、トングなどをぶら下げておくととっても便利です。
ポケット をつければ、箸やスプーン、フォークなどのカトラリーの乾燥、収納もできます。

他にも、ガラス蓋ラック ふきんハンガー なども取り付けられます。

ここまで水切りかごを活用できてしまうなんて、狭いキッチンの水切り決定版と呼んでもいいのでは?

③流しにポールを橋渡しする

使用中のおたまの皿部分をシンクに向けて、バランスを保ちながら置いておきたい…
と置いておいたら、バランスを崩して、シンクにゴロン。

この現象(?)はしょっちゅう起こり得ます。少なくとも筆者はしょっちゅうです。

そこでオススメしたいのが、「シンクにポールを橋渡しする」ということ。

ちょい置きマルチポール

この ちょい置きマルチポール なら、バランスの取りにくいおたまを支えてくれたり、置き場所に困る鍋蓋をひっかけておけます。

ふきんやスポンジの乾燥にも使えます。

ちょい置きマルチポール

よく言えばシンプル、直接的に言えば地味なアイテムではありますが、一つあると作業がはかどること間違いなし!

さっと洗えてしまえるのもポイントが高いですよね。

④戸棚の収納はバスケットで

常温保存できる食材や、お茶類、袋の調味料類など、そのまま戸棚に入れてぐちゃぐちゃに…
ということありませんか?筆者はよくありました。

戸棚のデッドスペースを活用するには「バスケット」がオススメです。

取っ手付きワイヤーバスケット

バスケットがオススメな理由は、分類収納できるからです!
むしろ個人的には分類しなくてもいいと思ってます。

バスケットに入れると中身を立てて収納でき、余分なスペースが出にくくなります。

取っ手付きワイヤーバスケット なら、中身を確認しやすく、高い棚から取り出しやすいですよ。
バスケットをガバっと取り出し、欲しいものが見つかればOK!

必要なものをガサガサと探す時間がなくなるだけでも、じゅうぶん効率化になりますよね。

⑤シンクを流れやすくする

最後にご紹介するのは、食器洗いを快適にする工夫です。

ミニキッチンの狭いシンクは、調理器具や食器であっという間にいっぱいになりませんか?
フライパンやらお皿やらで排水溝を塞いでしまって、水が溜まり続けるという負のループも起こりがち。

だからといって排水溝を避けて洗い物を置いておけば、デッドスペースが発生…。

そんなときに シンクパネル を置けば、排水溝を塞がず、水の流れを妨げずに洗い物ができます。

シンクパネル

最後まで作業効率を高めたまま料理を終われますね!

room lab(ルームラボ)シリーズはミニキッチンの味方!

和平フレイズは2022年3月、room lab(ルームラボ)シリーズを発売しました。
「狭いキッチンを快適に」がコンセプトの、ミニキッチンにちょうどいい収納用品シリーズです。

収納スペースや作業スペースが少ないなど、困りごとが多いミニキッチン。

  • 水切りかごや調味料を置いたら作業スペースがない!
  • 便利そうな収納用品はサイズが合わない!
  • 狭いスペースに物を置くから掃除も大変。

このようなお悩みを解決するアイテムを取り揃えました。

狭いキッチンでも快適に料理を楽しみたい!という方、ぜひチェックしてみてくださいね〜!

▶︎商品一覧はこちら
▶︎販売ページはこちら

関連商品

room lab(ルームラボ)一口コンロカバー

コンロ上やシンク上に置くことで作業スペースを作れます。
まな板を置いて作業したり、材料の一時置きに便利。対荷重約10kg。

room lab(ルームラボ)一口コンロカバー
一口コンロカバー
 

room lab(ルームラボ)シンク上水切りラック

シンクの蛇口上のデッドスペースを有効活用!お皿を立てて乾かせます。
別売り小物を取り付けて、さらに使いやすさアップ!水切りの幅は設置場所に合わせて伸縮できます。

room lab(ルームラボ)シンク上水切りラック
シンク上水切りラック
 

room lab(ルームラボ)ちょい置きマルチポール

シンクに渡すことで、ちょっと置きたい蓋やツールが脱落することなく置けます。
スポンジやふきんの乾燥にも便利。対荷重約1.5kg。

room lab(ルームラボ)ちょい置きマルチポール
ちょい置きマルチポール
 

room lab(ルームラボ)取っ手付ワイヤーバスケット

戸棚の整理整頓に!ワイヤーバスケットなら中身が見えやすく、丈夫で長く使えます。
対荷重約3kg。ホールトマト缶を5個収納できます。

room lab(ルームラボ)取っ手付ワイヤーバスケット
room lab(ルームラボ)取っ手付ワイヤーバスケット
 

room lab(ルームラボ)シンクパネル

洗い物で排水溝を塞いでしまう問題を解決!
排水溝との間に隙間を作るので、水の流れを妨げずに洗い物をすることができます。

room lab(ルームラボ)一口コンロカバー
room lab(ルームラボ)シンクパネル

 

賃貸ミニキッチンでもできる吊り下げ収納術 はこちら▼

関連記事

このメディアを運営している 和平フレイズ株式会社 は鍋・フライパンの販売がメインなのですが、実は収納アイテムも手がけています。 今回は「ミニキッチンや、マンション等の狭いキッチン」の収納力アップを目指した内容となっております。 一[…]

マルチラック
 

今の時代に合ったキッチン道具をご提案します
60年以上日本のキッチン道具を作り続けた和平フレイズだからできる、今の時代に合った普段使いの道具をご提案いたします。

>DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

DAYWEAR WAHEI -デイウェア ワヘイ-

燕三条のキッチン道具メーカー 和平フレイズ株式会社が運営するWEBメディアです。
選び方、使い方、お手入れ方法などキッチン道具のノウハウをご紹介していきます。
本社:新潟県 燕市